コンビニや自販機で飲み物を買わない

コンビニや自販機で飲み物を買わない

ちょっとした事ですが、毎日コンビニや自販機で飲み物を買っていませんか。この行為を止めるだけで、1ヶ月1万円近く節約できる事もあります。また、市販の飲み物の中にはかなり糖質が入っているものもあるため、控える事で美容や健康維持にも繋がるでしょう。節約意識だけでは続けられない方は、そられのメリットを考えてみて下さい。
コンビニは仕事をしている人だと、ついつい寄ってしまいますね。お昼ごはんを買いに立ち寄ったり、ちょっと飲み物だけを買いに行く事もあると思います。しかし、1本ペットボトルの飲み物を買えば150円消費してしまいますし、コーヒーでも最低100円はかかってしまいます。それを毎日自分の家庭で作って水筒に入れ持ち歩いたり、オフィスで入れるのもよいでしょう。毎回毎回買っていればかなりの出費となります。また、コンビニは飲み物を買うだけのお店ではありません。ついでに甘いものやスナック菓子、雑誌を買ってしまう人も多いと思います。飲み物を持ち歩くようにすれば、そもそもコンビニには寄らなくなり無駄な買い物が減らせるのです。
コンビニには魅力的な商品がたくさん揃っていて、新製品の取り扱いもありますが、あまり利用しない習慣を身に付けると、生活費が足りないという事は減らせると思います。